求人を選ぶ注意点

雇用の改善がまだまだ十分とはいえない現代社会において、就職活動に力を入れている人は少なくありません。
学生卒業を控えている人や転職を模索中の人、フリーターから脱却を図る人などさまざまです。
就職難という言葉が浸透してから長らく立ちますが、厚生労働省の離職率をみても、平成25年での一般労働者では、離職者数は420万人で年初の常用労働者の内の12.4%を占めています。
しかしながら、求人情報誌では盛んに正規社員募集を掲げていたり、企業によっては人材不足を嘆いていたりします。

これは実際に働いてみて、自分が思っていた環境と違うと感じてしまったり、人間関係の悪化からストレスを感じてしまうという要因があります。
離職する人にとっては、結婚・出産や将来の自分のやりたい事のためなどを除いて、応募要項や面接での説明と大きく食い違うことに疑問を抱いていることが多々あります。
特に焦点になるのが待遇面ではないでしょうか。
応募要項にある待遇の項目には、求職者が独自でイメージしていることと、企業の思惑が一致していないケースがあります。
これを知ると知らないとでは後々「聞いてない」「知らなかった」という後悔がにじみ出てきます。

新卒でも中途採用でも、せっかく新しい環境で心機一転して働こうと決めていたのに、少し注意を怠るだけで嫌な思いはしたくないですよね。
では、募集要項にある待遇面で気を付けることはどのようなことがあるのでしょうか。
ここでご紹介していきます。